視力回復@トレーニング

レーシックよりも安全な視力回復の方法

視力を改善するトレーニング法とは

リスクのない方法が一番


最近視力が落ちてきたと感じませんか?私は1年ごとに「あれ?目が悪くなってきた・・・」と実感します。同じメガネやコンタクトをしていてもテレビの字幕が目を凝らさないと見えなかったり、免許更新の視力検査でぎりぎりだったりとそのたびに落ち込みます。視力回復の一般的な方法はメガネとコンタクトレンズです。実際に目がよくなっているわけではありませんが、手軽なので親しまれています。


しかしメガネやコンタクトがさらなる視力悪化を招いているという事実をご存知でしょうか。特にコンタクトは汚れを目に付着する原因になり、白内障になるケースもあります。ここ数年で出てきたレーシックはさらに危険です。眼科医が適当になっているようなところもあり、失明したという体験談は有名です。やはり視力回復には安全な方法が一番だとよくわかります。


私はこれ以上リスクのない視力回復トレーニングをやっています。近視や老眼の原因は主に目を動かす筋肉が硬くなっていることです。わざと焦点をずらして筋肉を積極的に動かすトレーニングをすることで近視も老眼も改善するのです。やってみたら2週間で効果が出ました。さらにこの視力回復トレーニングを続けて1.2まで持っていきたいと思います。